特集記事

case_tobira_2
ケース

スマートフォンケースで自分らしさを演出!

デザインや機能に応じて、実に多彩なバリエーションがあるスマートフォンケース。今回は17年春モデルのSoftBank AQUOS Xx3 mini、au AQUOS SERIE mini SHV38に対応したケースを見ていきましょう。

 プライベートからビジネスまで、いまやどこへ行くにも手放せない存在となっているスマートフォン。そんなスマートフォンを衝撃や傷から守ると同時に、自分好みにアレンジできるのがスマートフォンケースの魅力です。
 しかし、いざスマートフォンケースを購入しようとすると、その数やバリエーションの多さに迷ってしまうことも多いと思います。そこでタイプ別に、どれが自分の用途に適しているかをチェックしてみましょう。

 まずは、手帳タイプ。横開きもしくは縦開きのフリップカバーを備えた、その名の通り手帳ライクな見た目が特徴的なケースです。フリップカバーを閉じた状態では液晶画面の保護に加え、本体の露出部分を抑えることで衝撃によるダメージも軽減されます。
 素材にレザー(合皮)を用いた製品が多く、そのバリエーションは洗練されたシックなデザインから、女性に人気のキュートなものまで実に多彩。年齢や性別を問わず、幅広い層から支持されています。またデザイン性だけでなく、フリップカバー内側に配置された各種カード収納用のポケット、動画視聴時に役立つスタンド機能など、実用的な機能を備えている製品が多いのもポイントです。

  • スタンド機能で動画を見ながらティーブレイク。こんな楽しみ方ができるのも、さまざまな便利機能を備えている製品が多い手帳タイプならではといえます。
  • スタンド機能やカードポケット、ストラップリングなどを備えた、バイカラーがおしゃれなレイ・アウトの「RT-AX3MELC2」シリーズ。カラーはネイビー×ダークブラウン/ブラック×レッド/レッド×ネイビー/ブラック×オレンジの4種類です。
  • 上品な光沢が大人っぽさを演出する、ラスタバナナの「AQUOS SERIE mini SHV38/AQUOS Xx3 mini専用ケース viviana手帳 横型」。フリップカバーの内側には身だしなみチェック用のミラーを備えているほか、ハンドストラップも付属します。カラーはライトピンク/ホワイト/ブラックの3種類です。
  • エレコムの「PM-SHV38PLFYM」シリーズは、革小物のような風合いが楽しめるソフトレザーを採用。スタンド機能やストラップリング、2つのカードポケットも備えています。カラーはレッド/ネイビー/ブラウン/ブラックの4種類です。

 手帳タイプの中で、ぜひ注目していただきたいのは「小窓付フリップカバー対応機能」に対応したケースです。これはスマートフォンAQUOSならではの特徴機能で、専用ケースを使うとカバーを閉じたままでも、小窓から「待受け/エモパー」「電話」「カメラ」「ミュージック」「アラーム」という5種類の機能が利用可能に。カバーの開閉に応じて自動で通常表示と小窓表示が切り替わるため、自然な感覚で使い分けられます。詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

  • 小窓付フリップカバー対応機能は、フリップカバーを閉じると小窓表示、開くと通常表示に自動で切り替えてくれます。
  • 突然の着信でも、小窓付フリップカバー対応機能を使えばフリップカバーを閉じたまま着信時の通話や終話、不在着信時の発信がスムーズに行えるので大変便利です。
  • 「撮りたい!」と思った時がシャッターチャンス! フリップカバーを閉じたままでも、素早く小窓から静止画や動画が撮影できます。
  • ラスタバナナの「AQUOS SERIE mini SHV38/AQUOS Xx3 mini専用ケース 小窓付き手帳 横型」は、小窓付フリップカバー対応機能が使える専用ケース。外側は高級感のあるヘアライン加工仕上げ、内側は手触りの良いスウェード調の生地で、カラーはレッド/ブラック/ネイビーの3種類です。

 熱可塑性プラスチックの一種であるポリカーボネートをメイン素材としたハードケースは、薄型・軽量ながら傷が付きにくい堅牢性が魅力! クリアタイプからキャラクターが描かれたものまで、豊富なバリエーションから自分好みのデザインが選べます。

  • ケース表面に施した鉛筆硬度3Hのハードコート塗装で、傷がつきにくいレイ・アウトの「RT-AX3MC3」シリーズ。内側の「マイクロドット」加工で、端末とケースが貼り付いて発生する粘着痕も軽減します。カラーはブラッククリアの2種類です。

 ソフトケースは熱可塑性ポリウレタン(TPU)をメイン素材としており、柔軟性と強度を兼ね備えた製品が多いといえます。特性的にはシリコンケースとハードケースの中間的な位置付けで、カラーバリエーションについてはクリア系が中心となっています。

  • 左から、ラスタバナナの「2975AQUO」(クリア)と「2976AQUO」(クリアブラック)、レイ・アウトの「RT-AX3MTC7/CM」、エレコムの「PM-SHV38UCTCR」です。いずれもクリア系で、シンプルなデザインを好む方にも最適です。

 また、普段から自撮りをする頻度が高い場合、フリップカバーの開閉が必要な手帳タイプより、すぐに撮影できるハードケースやソフトケースを選ぶという方法もあります。

  • 今回のAQUOS Xx3 mini、AQUOS SERIE mini SHV38は、約800万画素の広角インカメラ&インカメラフラッシュを搭載しているので、自撮りにも最適です。

 このように、ケースは大切なスマートフォンを傷や汚れから保護すると同時に、多彩な機能やデザイン性も兼ね備えています。ぜひ用途や好みに合わせて、自分にぴったりなケースを見つけてみてください。

関連商品