特集記事

イヤホン

長時間リスニングでも疲れない快適イヤホン!

イヤホン装着時に耳が痛くなるという方は必見! 屋内から屋外のスポーツシーンまで、快適に音楽が楽しめるオープンイヤホン「RG-H100」をご紹介します。

 日々の通勤・通学やウォーキング中など、日頃からイヤホンで音楽を聴いている方は多いのではないでしょうか。でも中には「イヤホンは耳が痛くなるので長時間つけられない」「耳をふさがれている圧迫感が苦手」という方もいると思います。そこでお勧めしたいのが、長時間リスニングでも疲れにくいオープンイヤホン「RG-H100」です。

 イヤホンといえば、耳介(耳殻)部分でホールドする「インナーイヤー型」、イヤーピースを外耳道に挿入する「カナル型」、クリップを耳介の外側に引っかける「耳かけ型」などが一般的な形状です。しかし、商品によってはインナーイヤー型やカナル型は耳の形状が合わないとすぐに外れたり、長時間の装着で痛みが生じたり疲れやすいといったことや、耳かけ型についてもクリップ形状によって痛みが生じるほか、音漏れ等も気になる場合があります。

  • シンプルでスタイリッシュなフォルムのオープンイヤホン「RG-H100」。
  • 圧迫感を与えずにしっかりと装着できるラバー製の「イヤーホールド」を備えています。

 RG-H100は、こうした悩みをまとめて解消してくれる新発想のオープンイヤホンです。最大の特徴は、なんといってもイヤホン本体が“耳に密着しない”という点。これにより、装着時に耳が痛くなるようなことはありません。また、耳をふさぐ一般的なイヤホンでは鼓膜や耳の各器官に音圧がかかりますが、RG-H100なら音圧を適度に外へ逃がせるため、長時間のリスニングでも疲れにくく快適に楽しめます。「耳と離れていて音漏れしないの?」と思われるかもしれませんが、RG-H100は音の広がりを抑える指向性スピーカーと特殊構造のユニットを採用しているため、外部への音漏れを軽減します。

  • 装着状態でも、耳とイヤホンの間にしっかりと隙間があるのが分かります。

 周囲の音が聞こえやすいというのもポイントのひとつです。皆さんはイヤホンで音楽を聴いている時、電車の車内アナウンスが聞こえず乗り過ごしてしまったり、周囲から呼ばれている声に気付かなかったり、という経験はないでしょうか。これは、密着したイヤホンが耳栓のように外部の音を遮断してしまうのが原因です。RG-H100なら、音楽を聴きながらも外部の音が完全に遮られないため、普段の生活シーンで困るようなことはありません。

  • 通勤・通学の電車内はもちろん、スマートフォンやテレビで映画などを視聴する際にも家族とのコミュニケーションがとりやすくお勧めです。

 RG-H100は、首の後ろ側に回り込んだバンドで保持する「ネックバンド型」を採用しているのも特徴です。激しい動きに強いため、装着したままウォーキングやジョギングなどのスポーツが楽しめます。バンドが頭の上部を通る「オーバーヘッド型」ヘッドホンのように髪型を崩すことがなく、日差しが強い日には帽子をかぶることもできます。さらに、耳と密着していないため蒸れにくい、IPX3相当の防滴性能により汗をかいても安心、といった点もスポーツシーンに最適です。

  • しっかりとホールドするネックバンド型なので、装着したままスポーツなどが楽しめます。

 ケーブルの途中にあるコントロールユニットには、音量調節用のスライドバーに加えてマイクとコントロールボタンを搭載しています。これにより、スマートフォン本体をバッグやポケットに入れたままでも、電話着信時にコントロールボタンを押すだけで通話・終話の操作とハンズフリー通話が可能です。

  • スマートフォンで音楽を再生中の電話着信にも素早く対応できます。
  • カラーはシルバー系/レッド系/ブルー系の3種類をラインアップしています。

 このようにRG-H100は、より快適なミュージックライフを送れるよう、従来のイヤホンとは一線を画す「ながら聴き」をコンセプトとした新しい発想で生まれました。今までイヤホンの疲れや装着感に悩んでいた方は、せひ使ってみてください。